マイホームをいつまでも美しく~外壁塗装の力~

塗装する人と眼鏡の作業員

費用や取り組み方

一戸建て住宅の外壁塗装費用は、だいたい100〜150万円前後です。名古屋にはたくさんの塗装業者がいますが、これから外壁塗装工事を実施したいと考えているのであれば、数社から相見積もりを取ってみるようにするのが望ましいです。

Read More

外壁塗装の意味

名古屋は経済が活発でとても住みやすい地域です。名古屋で外壁塗装をするには、お手頃の価格を選択することも大切になります。防水に強い材料で外壁塗装をするととても有益です。外観を新しくできて、防水機能がある外壁塗装の注目は高まっています。

Read More

調整して

アナログから地デジ放送に移る過程で地デジアンテナ工事は必要性を増しましたが、現在でも電波の入りが悪い事に対処出来る物として利用されています。デジタル放送は専門知識がより必要な部分もあってこの様な業者の力が必須となっており、更にはアンテナ調整程度ではどうにも成らない面もあるので任せた方が良いのです。

Read More

タイミングと耐久年数

耐久年数の長い塗料

戸建住宅における外壁塗装は、建築されてから10年目におこなうことが目安とされています。これは、現在新築時に最も多く塗られている塗料がシリコン系のもので、この耐久年数が10年ほどだからです。10年ほど経過すると塗膜が劣化してきて、外壁を守ることができなくなってくるので、塗り替えが必要となってくるのです。 ただし新築時に、シリコン系塗料より耐久年数の長い塗料が塗られていた場合には、外壁塗装はもっと先延ばしにすることができます。具体的には、フッ素系塗料や遮熱塗料なら約15年、光触媒塗料なら約20年、良い状態を保つことができるのです。 また、最初にシリコン系塗料が塗られていたとしても、外壁塗装時に耐久年数の長い塗料を選択することで、次の外壁塗装の時期を遅らせることができます。

外壁の状態をチェック

ただし、住宅の建っている場所や気候などによって、塗料の耐久年数は違ってきます。日当たりの良い場所や風雨の影響を受けやすい場所に建っている住宅ほど、塗膜が劣化しやすく、外壁塗装の必要性が生じやすくなります。 外壁塗装が必要かどうかは、外壁を見たり触ったりすることで簡単に調べることができます。外壁やその繋ぎ目にヒビが入っている場合には、それを塞ぐために上から新しく塗料を塗る必要があります。また、触れた時に手に白い粉がつく場合には、チョーキング現象といって、塗膜の防水性が失われていると言えます。そのままだと内部の腐食や雨漏りの原因となってしまうので、やはり塗り替えが必要となります。 このように外壁塗装のタイミングは、塗料の耐久年数だけでなく外壁の実際の状態をチェックした上で決めることが大事なのです。